レビトラジェネリック

ジェネリック医薬品

レビトラにも、様々なジェネリック医薬品があります。

ジェネリックとは「一般的な」という意味の英語であり、「後発医薬品」とも呼ばれます。
医薬品には「新薬」や「先発医薬品」と呼ばれ製薬会社が特許を取った、新しく開発されたお薬があります。 この「先発医薬品」には莫大な開発費と、長い研究期間がかかるため、「先発医薬品」をつくることができるのは大手の製薬会社のみです。

そして、これらの開発費や、研究期間のコストがあるため、「先発医薬品」は価格を下げることはできません。
しかし「先発医薬品」は発売から20年ほど経過すると、特許が切れます。特許が切れると、一般的に広く普及し使用され、安全を確立された「先発医薬品」の有効成分を使って、大小関わらず、どの製薬会社も申請をすれば、同じ効果を持つ「後発医薬品」と呼ばれるジェネリック医薬品を安価につくることができます。
「後発医薬品」、「ジェネリック医薬品」は、新薬・先発医薬品のように莫大な開発費や、長い研究期間が必要ないため、安価に発売することができます。

そのためジェネリック医薬品は、安価でありながら、新薬同様の効果を持っているのです。


このページでは、レビトラのジェネリック医薬品を紹介しています。

レビトラジェネリックは安価に購入することができる上に、効果はもちろん正規のレビトラと同じです。

レビトラを一度試してみたいという方や、レビトラを継続利用したいが、価格が気になるという人は、ぜひレビトラジェネリックを試してみてください。


このページの先頭へ